レバレッジの上手な使い方

FXの肝となるレバレッジ、この具体的な特徴を今回は説明したいと思います。

レバレッジは日本語で「テコ」という意味です。
小さな力で大きなモノを動かすテコの原理からレバレッジというシステムが成り立っています。
小さい金額で大きな投資をするという意味です。

例えば、レバレッジを10倍と設定すれば、1000円の投資額で1万円の取引が可能になります。
小額で大きな投資ができることは利益が上がるのでメリットでもありますがリスクを抱えることを意味します。
レバレッジを高く設定すればするほど、リスクも大きくなるのは皆さんおわかり頂けるかと。

ではレバレッジを上手に使うにはどうすれば良いか。
それはレバレッジを使う時をここぞの時のみにしてください。
例えば、「上げ相場・下げ相場」がハッキリしている時です。

チャートに慣れればこの相場もはっきりとわかってくるはずです。
曖昧な為替で自信が無い時は、レバレッジは不要です。
更に言えば、ここぞという時でも1〜5倍程度にしましょう。

これは初心者の方であればあるほど、欲張らずに低レバレッジを利用することをおすすめします。


copyright(C)すぐにわかるFX